DJ SHINTAROをはじめとしたアーティスト支援|GMOカルチャーインキュベーション

EDC Japan 2017へのご来場
ありがとうございました!!!
初開催動員数、2日間で8万4000人!
GW最大の盛り上がりをみせた
EDC JAPANが無事終了!


INSOMNIAC HOLDINGS, LLC Founder パスクアーレ・ロテラ氏(写真中央)、千葉市長 熊谷俊人氏(写真右)、
GMO Culture Incubation 代表取締役 吉山勇樹(写真左)

GMOインターネットグループではユースカルチャーの支援を掲げ、米国INSOMNIAC HOLDINGS, LLCがラスベガスで開催するEDC(Electric Daisy Carnival)の日本開催において、GMO Culture IncubationがCo-promotor(共同主催者)として準備を進めてまいりました。
2017年4月29日・30日の2日間ZOZOマリンスタジアム&幕張海浜公園特設会場で開催されたEDC Japan2017は2日間で8万4000人もの来場を記録し、無事終了いたしました。 計画の実現に向けた関係各位、皆さまのご協力・ご支援に心より感謝申し上げます。

ハイライト

光と音のカーニバルの名前にふさわしく、ネオンやレインボーカラーに輝く装飾や数多くのパフォーマーたちが所せましと会場中を練り歩き、日本とは思えない世界観の表現が至るところに見られたEDC Japan2017は終始盛り上がりをみせました。

それぞれ個性に富んだステージ展開も見どころ満載でした。
まずスタジアムに登場したのは本場EDCラスベガス仕様の「kineticFIELD(キネティック・フィールド)」。横幅約75メートル、高さ約30メートルの圧巻の巨大ステージに多数の観衆が度肝を抜かれました。

さらには海とのコントラストが絶妙なビーチに姿を現したLEDを贅沢に使用したステージ「circuitGROUNDS(サーキット・グラウンド)」。

アンダーグラウンドな音楽と夜の光の雰囲気が相まって最高の空間を生み出していた「neonGARDEN(ネオン・ガーデン)」ステージ。

ART CARに日本屈指のDJを乗せ縦横無尽に会場内を駆け巡った「BoomBox(ブーム・ボックス)」。

それぞれの世界観の下でたくさんの笑顔に出会えたことを、とてもうれしく思います!

そして、何といっても世界中から集結した素晴らしいアーティストラインナップの数々!
まず1日目はDuke Dumontの作るハウス・ミュージックとビーチエリアでの美しいサンセットがマッチして、 「ヘッドライナー」と呼ばれるファンに対して最高のプレゼントとなりました。
さらにビーチと言えばこの人、Fatboy SlimがレジェンドにふさわしくcircuitGROUNDS(サーキット・グラウンド)のトリとしてHAPPYな空間を創り上げ、DJ Mag世界ランキングNo.1のMartin Garixxはスタジアムで特大の花火と共に1日目のラストを見事なプレイで飾りました。

2日目はkineticFIELD(キネティック・フィールド)においてAfrojackが大ヒット曲を連発しフロアは大爆発。
日が暮れると同時に登場したトランス界の帝王Armin Van Buurenはこの不安定な世相を反映して、ジョン・レノンの『イマジン』を幕張の空の下から捧げ世界平和を訴えました。

さらにトリのAXWELL^INGROSSOは貫禄のプレイを披露。光、音だけではなく炎、噴水などの圧巻の演出も華を添え、盛り上がりに拍車をかけました。

一方のcircuitGROUNDS(サーキット・グラウンド)ではZEDDが大トリをつとめ、広大なビーチが埋め尽くされクラウドの大合唱と共に幕を閉じました。

【EDC Japan 2017 Recap Movie】

何より大切なヘッドライナーの皆さんの力を得て、究極の光と音のカーニバルは無事に幕を閉じる事ができました。

今後ともGMOインターネットグループではユースカルチャーの支援を モットーにさらなるダンスミュージックカルチャーの振興に努め、参加される皆様の笑顔を創造して参ります。



ギャラリー



EDC Japan Official SNS


※EDCならびにElectric Daisy Carnivalは、INSOMNIAC HOLDINGS, LLCの商標
または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
※その他、本文に記載されている製品、会社名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。


©2014-2017 GMO Culture Incubation

TOP
すべての人にインターネット
関連サービス